運輸安全マネジメントの取り組み

【2021年度(2021年4月1日~2022年3月31日)】

2021年度4月1日 有限会社 長野中央バス
社長 北原繁明

事故防止のための安全方針
  • 社内団結して輸送の安全確保をすべてにおいて最優先します。
  • 安全輸送に関する法令規則を遵守し、安全安心第一に職務を遂行します。
  • 常に輸送の安全性の向上に努め、継続的に見直し改善します。
輸送の安全に関する重点施策
  • 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させ、関係法令に定められた事項を遵守させます
  • 輸送の安全に関する費用支出及び投資を効率的に行うように努めます
  • 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講じます
  • 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達し、共有します
  • 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、確実に実施します
安全方針にもとづく目標

   目標       人身事故       0件   
   物損事故       0件   

安全に関する目標達成状況(令和2年度)

令和2年度目標 令和2年度結果 令和3年度目標
速報対象事故  0件 0件 0件
報告対象事故  0件 0件 0件
人身事故  0件 0件 0件
物損事故  0件 0件 0件

自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する情報

  令和2年度実績    事故発生件数   0件  ※自動車事故報告規則(H15.9.26改正国土交通省令第95号)第2条に定められた自動車事故(車両の転覆・転落・火災の発生、死者・重傷者・踏切事故の発生、積載物の飛散・漏えい、運転者の疾病による運航停止、制動装置・かじ取装置・車軸等の故障による運転停止など)
  事故の種類    
  衝突の状態    
  行政処分等  0件   

【H18.10月改正/自動車運送関係法(道路運送法および貨物自動車運送事業法・同輸送安全規則)における『運輸安全マネジメント』に関わる掲示】

輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置
  • 法令遵守を第一に、法定速度の遵守、過労運転の防止、安全且つ安定した走行
  • 飲酒運転の根絶、シートベルト着用の徹底(着席確認の徹底)
  • NASVA講師による安全教育実施
  • ドライブレコーダー全車導入済み
輸送の安全に関する教育及び研修の実施状況
  • 国土交通省の指針に定めたの11項目に基づき年間計画を策定し社内研修等を実施しています(毎年4回実施)
朝日観光自動車安全管理規定(及び輸送の安全に係る情報の伝達体制その他の組織体制)

安全管理規定      安全管理体制図      緊急時連絡図

『SAFETY BUS』(セーフティバス)マークとは・・・

safety2020

貸切バスをご利用のお客様が、安心して貸切バス会社を選択できるよう、安全確保に向けた取り組み状況が、優良バス会社であることを示すものです。長野中央バスは、今後も「安全輸送」を最優先に、お客様の安全・安心・快適なバスの旅をご提供いたします。

【評価・認定の方法】
日本バス協会において書面及び訪問審査を行い、評価認定されます。

  1. 安全性に関する取り組み状況
  2. 事故及び行政処分の状況
  3. 輸送安全マネジメントの取り組み状況