運輸安全マネジメントの取り組み

【平成30年度(平成30年4月1日~平成31年3月31日)】

平成30年4月1日 有限会社 長野中央バス
社長 北原繁明

事故防止のための安全方針
  • 社内団結して輸送の安全確保をすべてにおいて最優先します。
  • 安全輸送に関する法令規則を遵守し、安全安心第一に職務を遂行します。
  • 常に輸送の安全性の向上に努め、継続的に見直し改善します。
社内への周知方法
  • 安全教育の実施
  • 点呼時の目標確認
  • 運行指示書による安全運行の指示
安全方針にもとづく目標

   目標       人身事故       0件   
   物損事故       0件   

目標達成のための計画
  • 運行管理者(補助者)の常時待機
  • 過労運転を起こさないための乗務割、運行指示書の作成
  • 点呼時の安全目標の確認
安全に関する情報交換方法
  • 終了点呼時の道路状況等の確認
  • 点呼場への各情報の掲示
安全に関する目標達成状況(平成29年度)

平成29年度目標 平成29年度結果 平成30年度目標
速報対象事故  0件 0件 0件
報告対象事故  0件 0件 0件
人身事故  0件 0件 0件
物損事故  0件 0件 0件

自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する情報
  平成29年度実績    事故発生件数   0件  ※自動車事故報告規則(H15.9.26改正国土交通省令第95号)第2条に定められた自動車事故(車両の転覆・転落・火災の発生、死者・重傷者・踏切事故の発生、積載物の飛散・漏えい、運転者の疾病による運航停止、制動装置・かじ取装置・車軸等の故障による運転停止など)
  事故の種類    
  衝突の状態    
  行政処分等    

【H18.10月改正/自動車運送関係法(道路運送法および貨物自動車運送事業法・同輸送安全規則)における『運輸安全マネジメント』に関わる掲示】